返信先: パンダラジオ!!

ホーム フォーラム パンダラジオ!! 返信先: パンダラジオ!!

#3511
ふらいまんさんだー
ゲスト

恐怖体験

ツーリング中、濃霧で急に前が見えないっとか、凍結路面に乗っかっちゃったっとか、横から鹿が飛び出して〜っていうバイクあるあるの恐怖体験ではなく…まぢばなです。

あれはまだ私が19歳の頃。
この頃は、しょっちゅう金縛りにあってました。
金縛りとは、覚醒と睡眠の移行期に起きる現象で、脳が覚醒状態のまま、身体が睡眠状態のこと。
当時は金縛り慣れして、解く方法も身に着けてました。何とか息をする事。それさえできれば解けてました。恐らく無呼吸症も併発していたんだと思います。息をする事を身につけた私は、金縛りへの心霊的な恐怖心は全く無くなり、『あーまたかー』って感じで、息をして眠りについてました。
あの時までは・・・

結構な距離のツーリングから帰ったのが23時頃。ヘロヘロ状態で就寝…なかなか寝付けず、何度も寝返りをしながら、やがてウトウトっとすると、案の定金縛り。いつもの通り息をして解けたらまた金縛り。繰り返す事4回目、首から上だけが動くし目も見えてる。こんな事は初めて。あお向けのまま、なぜか動く首を左右に振り部屋を見渡す。いつもと変わらない自分の部屋。アイドルの水着やMotoGPのポスターが貼ってある壁や天井。

そして右を向いた次の瞬間、左の耳元で『のがれられやしないよ』っと女性の声。
想定外の状況に、全身総毛立ち息が荒くなった途端金縛りは解け、飛び起きて部屋の電気を点け、恐る恐る周りを確認するも誰もいない。
頭には何故か、25〜6歳のショートカットの女性の斜め後ろからみた姿が浮かび、恐怖と疑問で寝るに寝られず、朝までベッドに正座しながら思考を巡らす。当時その年代に思い当たる人物はおらず。導き出した答えは、『この人は出る家を間違えたんだ』としました。後にも先にも実体験としてはこのときだけ、唯一の恐怖体験でした。