返信先: パンダラジオ!!

ホーム フォーラム パンダラジオ!! 返信先: パンダラジオ!!

#1391
人畜無害の週末ヲタライダー旋律鍵
ゲスト

さて、交通事故対策という事ですが

(ここを動画で読むかどうかはスタッフ様にお任せしますが、パンダリスナーの方に事故に遭って欲しくはないのでまず先に述べさせて貰うと、私は今は部署が違いますが、以前は某公的組織で交通事故を取り扱う部所で10年程仕事をしておりました。)

まず、ハッキリ言って、よく言うもらい事故というもは追突などの100対0の場合を除いて、存在しません。

それは何故かというと、ほぼ全ての運転に関して法律が絡んで来るからです。

交通事故は当事者両方に、刑事責任と民事責任、そして行政責任が被さってきます。刑事責任は事故に対する罰金などの処罰、行政責任は免許の点数です。そして、民事責任は賠償等のお金の問題。ここで皆さんが勘違いするのは、法律の処罰に対する刑事責任と賠償に対する民事責任を一緒にすることです。

罰金がなかったから俺は賠償しなくてよい、賠償はいらないと言われたから罰金は無い、とはならないのです。この2つは繋がりません。全く別問題です。刑事責任は裁判で、民事責任は互いの交渉等により変わってきます。

さて、前置きが長くなりましたが、事故を防ぐ方法、はっきり言って簡単です。

道路交通法を守れば殆どの事故を防げます。

法律守っても事故は起きるぞ!と言うかた、はいそうです、法律を守っても事故はおきます、それは何故かというと、理由は簡単です2つです。

法律を守らない人がいるということと、人は間違いを起こすからです。

法律を守らない人に対する方法は、ズバリ近づかない、です。簡単です。車間を空ける、隣車線の車と並走しない。まずこれ、そして、交差点、青信号でも、先頭、単独なら漫然と通過しない、速度を落とし、ブレーキを、いつでもかけられるようにして、左右を確認する。

信号のない交差点では、一時停止がなくても、一時停止とまではいかなくても、速度を落とし、左右に注意して走行する。これらでもだいぶ事故は防げます。

次に自己のミス、これの対策は、まずは経験を重ねるのが一番ですが、ただ、漫然と運転をしていては何も経験になりません。一挙手一投足を意識しながら、そして運転後に反省や思い返しをすることで経験値が飛躍的にアップします。更に注意散漫にならないように、過労運転にならないように体調に気をつける事が事故防止になります。

それでも、事故は起きるときには起きてしまいます。でも法律を守った運転をして、注意をした運転をしていると、事故の被害が小さくなり、事故責任の割合も低くなります。

相手が相手がと言っているといつまで経っても事故は無くならないし、反省をしないといつまでも事故を起こします。

運転する人全てが安全運転をすることが、事故防止の一番の方法です。

お題とは違う趣旨になり、マジな内容になってしまいましたが、仕事柄つい長々と書いてしまいました。

エンターテイメント的に相応しくないと判断されたのであれば、採用しないで下さい。この投稿を読んでくださった方が、少しでも事故に対するは認識を改め、安全運転に気をつけて頂けたなら幸いです。