返信先: YSパンダラジオ・FM版

ホーム フォーラム YSパンダラジオ・FM版 返信先: YSパンダラジオ・FM版

#1265
灰色ワッチ
ゲスト

DJ:島田様、プロデューサー:ナナハン様、いつも楽しく聞かせていただいています。
退院した父の見舞いがてら帰省した時の事です。
実家が最寄りの松山インターを出てから2分の位置に有るのですが、親の帰宅が遅れているために近くのサービスエリア(石鎚山SA)で一時間程時間を潰すことにしました。
バイクを停めて、お土産(自分用)を選んでいると、財布をバイクに忘れてきた事に気付きました。
慌てて取りに帰ると小さな男の子が愛車を触っていて、遠くからお父さんらしき人が「すみませんスミマセン…」と駆け寄ってきました。
子供を怒りながら愛車から引き離しながら随分謝られましたが、別に悪い気もせず、極めてヒマだったので思い切って『ヘルメット外した方が跨り易いです♪』とホルダーから外し『どうせなら跨っちゃいましょう!』と提案しました。
その子の父親は驚いていましたが、抱き抱えて乗せることに。
男の子は嬉しそうに「ライダーになって戦うんだ」的な事を言いながら嬉しそうな様子。たぶん仮面ライダーでしょう。
そこでお父さんが「守ぉてくれるんか(伊予弁)?」と笑顔で言うと
『パパはいいや』とタメライの無い答え。
私は『みんなを守ってあげないとね!』と自分的には最高のフォローしたのですが、やはり彼は『ん~パパはいいや!』と。
おそらく近い世代のお父さんと目が合い、オッサン2人は笑顔から苦笑に表情を変え、愛車を垂直に保持しながら男の子が納得するまで見守っていました。
最後にお父さんにも跨っていただいたところ「免許取りたかったんですよねぇ…」と感慨深い様子。少し元気を取り戻していただいたと信じています。
そんなお父さんに、ウルフルズの「ガッツだぜ!」を御願いいたします。

↑出来るだけ短くしました。今回も1点を除いて全て嘘ですw↑