【Z900RS】レビュー 往年の名車をメーカーがリバイバル【カワサキ】

バイク記事

現代風に解釈された新世代のZ

旧車ファンならもはや知らない人はいないほどに人気の”Z”シリーズ。そんな歴史のあるZのラインナップに禁断ともいえる「Z900RS」が加わった。これは永久欠番になった背番号を再び使うようなもので、相当な実力がないとメーカーやそのモデルのファンが納得するものではないという、かなりチャレンジングな試みです。しかし、旧世代の人気モデルをリバイバルするというのは最近では二輪・四輪問わず世界的な潮流になっており、うまくすれば予算に比較的余裕がある当時を知る層だけでなく、若いライダーたちにも新しいものとして受け入れられるというメリットもあり各メーカーともその流れに興味津々です。さて、今回旧車世代の絶対王者であるZ900RSのビッグネームを背負ったニューカマーに試乗しました。当時世界最速を誇ったスーパースポーツは、どのように進化を遂げたのでしょうか。

車体に体を合わせやすいポジション

間近で見ると堂々とした車格でタンク上面からのデザインラインが美しく印象的なZ900RSに実際にまたがってみると、膝が窮屈になることもなく非常に自然で楽な印象です。手を伸ばすと自然な位置に来るハンドルとその先に見える二連メーターはいかにもネイキッドモデルといった佇まいで、人によっては懐かしさを感じるかも。ただし操作感はカチッとして硬質ないかにも現代的なもので昔のバイクにありがちな頼りなさはありません。タックロールが施されたシートはスリムでデザイン的にも美しく、タンクからテールにかけて流れるようにシートが収まっています。やや硬さを感じる部分もありますが走り出してしまえば気になるほどではなく、しばらくするとシート側が馴染む新車ゆえのものかもしれないなと思います。タンデムシートに関しても同様で、安定した着座感のある座面と自然な位置にあるタンデムステップは二人乗りでのツーリングの強い味方になるでしょう。

時代背景とユーザーニーズに合わせた”深化”

当時は高性能スポーツとしてデビューしたZでしたが、その後時代とともにスポーツモデルは水冷フルカウルモデルへと進化。その過程でネイキッドモデルは「気軽に付き合えるカッコいいバイク」に変化し、旧車となったZシリーズも次世代のライダーからはスポーツモデルといったとらえ方よりはより現代的なネイキッドモデルとしての解釈がされるようになりました。そんなユーザーニーズを満たすかのように新しくなったZ900RSは、大人気だったスタイルはなるべく崩さないように気を使いながらも上手に現代風にアレンジされています。流れるようなボディラインに当時を彷彿とさせるカラーラインナップは思わず大人をにやけさせる格好の良さ。しかしその走りはネイキッドらしい気軽さや軽快感と、900ccあるとは思えないほどスムーズなエンジンで大型バイクの走りを身近に楽しむためのモデルに生まれ変わっています。当時のZの良いところは残し、時代にそぐわないところは刷新されたまさにネイキッドを楽しむための一台に”深化”している印象です。

現代風のアレンジがなされた足回り

足まわりはさすがに最新モデル、フロントに倒立サスに太めの17インチホイールとかなり剛性感のある構成になっています。固すぎず柔らかすぎないサスは扱いやすい仕上がりになっています。注目すべきはリアなのですが、ネイキッドモデルにもかかわらずモノサス仕様になっています。Zというブランド名を使いながらもモノサス化した上でデザイン的に違和感を与えないあたりはかなり上手で、新しいZを語るうえで大きなポイントかもしれません。絶対的なデザインアイコンよりもあくまで走りを尊重した作りとなっています。

乗り手をその気にさせるビッグ4ならではの図太いエキゾーストノート

最近のトレンドであるメーカー謹製でサウンドチューンされた排気音と、ライダーの近くで聞こえてくる特徴的な吸気音は、エンジンの水冷化によってメカノイズが減った分一層際立って感じられるようになっていて、これらは乗り手の気分を盛り上げるのに一役買っています。おかげで街乗りやワインディングなどあらゆる場面で気分よく走ることが出来るので、音でも走りを演出してくれる、そんな仕上がりになっています。そして走りは軽快の一言で様々な場面で車両重量などの数字以上の軽さと乗りやすさを感じられます。900ccのエンジンはパワフルでありながらコントロールしやすく、大型バイクにありがちな乗り手が振り回されることはなりにくそうです。取り回しに関しても非常に楽で、重さを感じさせない車体は一昔前の600ccクラスのような印象でメーカーの技術力の高さが垣間見えます。

総評

随所に現代風のアレンジが施され、走ることでそれを感じることが出来る一台になっています。かつては世界最速を目指して開発されたZシリーズの末裔ということであまりのマイルドさに違和感を感じる人もいるかもしれませんが、メーカーの考える「捨てるところは捨て、残すところは残す」を体現した、カワサキらしさは残しつつ各所に最新技術が盛り込まれたバイクのように思います。最新のZシリーズということで購入を検討されている方の期待を裏切ることはないでしょう。

コメント