”本物”感のある250ccスーパースポーツ【CBR250RR】のご紹介

バイク記事

エントリーモデルでありながら作りは硬派

今回は群雄割拠の激戦区、250ccクラスの中でも特に武闘派?と噂されるCBR250RRの紹介です。250ccクラスのSSといえば各メーカ-しのぎを削る人気ジャンルであり、かつエントリーライダーの争奪戦としても重要な位置を占める(初めて乗ったバイクのメーカ-を乗り続ける人も多いため)場所であるため、メーカーとしても本気度の高い車両をそれなりのサイクルでモデルチェンジしながら発売するケースが多いです。ただ、そういったマーケットの性質上一台でマルチな性能を要求されることも多いのが250ccスーパースポーツの定めなのかもしれません。初めてのライダー向けには購入時の買いやすい価格設定や転倒時の修理費用に掛かる部品代の安さに始まり燃費性能の良さ、取り回しや足つき等どれも妥協することができません。そこにさらにデザインの良さやライダ-がアガるサウンドなどの要素を全部織り込み、メ-カ-の1000ccクラスのハイエンドモデルの看板を背負わせて発表するわけですから、その中でどの性能を一番優先するのかは各メーカ-のこだわりを知るにはもってこいのジャンルともいえるかもしれません。さて、今回ご紹介するCBR250RRですが、結論から言いますと「走り」に一番ウエイトを置いているのはマシンの構成を見れば一目瞭然です。

最も注目すべき部分の一つに、クラス初となる「スロットルバイワイヤ」を早くから導入したことがあげられます。この機構は大型バイクでは各メーカ-こぞって採用している部分ですが、間違いなく今後のバイク開発においては外す事の出来ないものとなってくるはずです。具体的には今までのバイクではライダ-がスロットルをひねるとそのままバイクの吸気弁が開き(様々なバイクがあるので厳密には語弊がありますが)バイクが加速するという単純な機構でしたが、スロットルバイワイヤはライダーがスロットルをひねるとセンサーがそれを読み取り、コンピュ-タ-に情報を送ってコンピューターから吸気弁を開くモーターに指示が伝わってモーター動力により吸気弁を開き、加速するという仕組みです。人間とエンジンの間にコンピューターが介入することによって、より高度な制御ができるようになります。解りやすい例えとしてはドライブモード切替があります。これによりライダーはその場の気分でバイクの特性を変えることが出来るのでよりバイクが思い通りになったと感じやすくなります。そういった、コストがかかる代わりによりバイクを思い通りに操ることが出来る装備をある意味コスト度外視でソフト面・ハ-ド面問わずふんだんに盛り込んだマシンだと思います。

ゴリゴリの取捨選択で手に入れた走りのSSという個性

ツーリングなどよりもスポーツ走行に振ったタイトなポジション、電子制御スロットルやアルミスイングアーム、部品の共有化をきっとかなり犠牲にしたであろうダウンドラフト吸気レイアウトなどは、CBR250RRの価格を跳ね上げ、他メーカーのライバルに比べてかなり買い手を選ぶ仕様になってしまった感はありますが、その代わりに走りにこだわりのあるライダーにとってはかなり面白味のあるバイクになっていると思います。上位の排気量モデルであるCBR400Rと比較しても走りに対するこだわりは明らかに強い作りになっていますので、400cc以下の本気のSSをお探しのライダーの目には、かなり魅力的にうつるのではないでしょうか。

コメント