よみがえった250cc4気筒【ZX-25R】車両紹介

バイク記事

身体を突き抜けるような官能性能

昔たくさん走っていた250ccの4気筒スポ-ツモデルがカタログ落ちしてから長い年月が経っていましたが、最近のスポ-ツバイクブ-ムの再来に呼応するかのように四気筒250ccモデルの再販を希望する声は高まりを見せていました。それもそのはず、車検のいらない割に最近のバイク自体の高性能化は250ccを昔の「400ccの廉価版」というイメージから「気軽に乗れる本格的なオ-トバイ」にのし上げていました。そして、小排気量エンジンの高性能化によって250ccでも十分だが、やはり大型モデルのように4気筒のフィーリングがほしいとの声が高まるのも必然だったのかもしれません。最近では憧れのリッタークラスス-パ-スポ-ツはみな200万を優に超える車両価格に高騰し、600ccクラスはラインナップが絶滅に瀕している状態。やはり4気筒のフィーリングが好きなライダ-からすると250~400ccクラスの4気筒マシンは喉から手が出るほど欲しかったのではないでしょうか。ここで満を持して登場したのがninijaZX-25Rです。最新型の水冷並列4気筒のエンジンは45psを発生し、甲高いエキゾ-ストノ-トを響かせてオ-ナ-を虜にします。さらに、当時は存在しなかった「クイックシフター」を装備し、まるで急に運転がうまくなったように小気味よいシフトチェンジを楽しめます。この装備と小排気量超高回転型ユニットの相性は最高で、日常でのライディングシーンでも退屈はしません。

湾曲したスイングアームが高性能を感じさせる

さらに見た目にも着目してみると、一目でninjaとわかるデザインに仕上がっています。ZX-10Rにみられる意匠を引き継いだテールランプ、4気筒ならではのボリュームのあるフロントセクションが静かに高性能を主張しています。さらにフルLED化された灯火器類が最新モデルであることを主張しています。更に4気筒になったことによる重量増を補うようにフロントには大径デイスクにラジアルマウントモノブロックキャリパーというクラスを超えた贅沢なブレーキが奢られています。そして路面に安定してパワーを伝えるトラクションコントロールを装備しているところも抜かりありません。

多気筒ゆえの使いやすさも魅力

見た目やスペックだけを見るとスパルタンなZX-25Rですが、実はユ-ザ-フレンドリ-な部分が多いです。明らかに街中や郊外のワインディングロードを意識した作りになっていて、そんなに車速を上げなくても快音を響かせて走ってくれます。また、ツーリングなどでも苦労しないような比較的緩めのポジションも絶妙で、250ccクラスの武器である気軽さにおいてもライバルにひけを取りません。最近のトレンドであるパワーモードの切り替えが二段階に調整できるところも付き合いやすさの秘密なのかもしれません。ZX-25Rの存在は2気筒モデルが台頭している250ccクラスにおいて、さらなる付加価値として初めてバイクを購入する初心者ライダーにはシ-ムレスな乗りやすさを、ベテランライダ-にはエンジンを回して快音を響かせながら小気味よいシフトチェンジを楽しむスポーツライディングを提供してくれる現段階において唯一のモデルなのかもしれません。

コメント

  1. Xrsopi より:

    purchase levofloxacin pill order levofloxacin pills