【トリシティシューティングブレーク】西日本の旅3

バイク記事

遂に3日目に入った我々の旅。折り返し地点だが2日間の無理がたたり大分お疲れ。しかしまだ半分なので、気合いをいれて出発する。今日は旧国鉄宮原駅に立ち寄り、その後フェリーで四国に渡り、最後は道後温泉周辺に泊まる予定だ。本来は土佐まで走る予定だったが、この時点で既に900km以上走っていたので安全マージンを取るという判断になった(計画段階で分かりそうなものだが)。

ホテルの駐輪場にて

重い体を引きずって出発。今回の旅では9月も中旬だというのに気温計は35度あたりをずっとキープしている。トリシティの温度計は大体1度くらい高めに表示している感じなので、実際に34度位で推移してる事になる。お陰でイタズラに体力を持っていかれる。とりあえず旧国鉄宮原駅を目指して走り続ける事約150km、天気が良いせいかたくさんのライダー達とすれ違う。この辺の道路は走りやすく、起伏に富んでいて更に絶景スポットも多く飽きさせない。今回の旅ではピカイチのお楽しみロードだ。

有料道路も走りやすい。

そして宮原駅に到着すると、沢山の視聴者の方々が待っていてくれた。前日の池島団地と大違いだ。皆さんが凄く優しく受け入れてくれたため、その後しばらく無駄にはしゃいで体力を浪費する。気がつくとフェリーの時間までギリギリになっており、またしても焦る羽目に。

優しい人たち。九州の優しさに抱きしめられるワタシとナナハンくん
何と景色の良い事か!
夏を感じる雲。

絶景のなかキョロキョロしながら走っていると、横から合流してくるトリシティ300が。しばらく走るとどうやら目的地が同じらしい。まさか。

信号待ちでアイコンタクト。間違いない。

トリシティ300のやしちさんと。ほとんど時間が取れずすみません!

フェリーはとても立派で、乗り心地がとても良い。売店で小さいおにぎりをひとつ食べる。

立派なお船。揺れない。
固定もガッチリ。

船で揺られる事1時間、船はもうすぐ八幡浜に入港する。そうしたらこの旅では珍しいちゃんとした食事をしよう。

八幡浜。調べると色々美味しそうなレストランが。
港に入港。
なぜか先端に到着のご一行様。

と思ったら、半島の先端じゃん。ここから八幡浜まで50分くらいかかるらしい!ギャス!

先端にはディロファワームと将軍が!
お腹空いたのでここで食事しました。

さあ、先端から道後温泉に向かいます。信号が一切ない事に驚く。ペースも早く走りやすい道が続く。この先夕日が綺麗な海岸線の道がおすすめとのことで向かいます。

日本最長の半島らしい。

その後、ため息の出る様な最高のドライブルートを走る事に。今回の旅の中でも群を抜いて気持ちの良い海岸線の道「378号線」を走る。夕方で気温もちょうど良く、車の流れもまばらで右手にはひたすら美しい山々、左手には夕日に染まる海。ツーリングの思い出って、こういうシーンを見た時に出来るよなーと思ったら今日の日が特別な1日に感じた。これを読んでくれている皆さんも機会があればおすすめのルートだと思います。

海に落ちて行く夕日は、今日のハイライト⁈

その後、我々は道後温泉に。これはトイレらしい。ちなみに道後温泉本館には予約が多くて入れず。残念だが仕方がないので飲みに行く。そして戻って来てこの記事を書いている。横でナナハン君は編集作業。明日はいよいよめがね橋でみんなと会うのさー!

コメント